現採十色

体験者たちが語るホントのトコロ

CASE02:フィリピン/カスタマーサポート【現採の仕事場】

日本とフィリピンのいいとこどりで仕事にメリハリ 南国ならではの穏やかな職場でちょうどいいゆるさ 現在私が働いている会社での実際の仕事内容について紹介させていただきます。私が働いている会社はオンラインで英会話レッスンを提供している会社で、私の…

CASE02:フィリピン/カスタマーサポート【現採のはじめ方】

なぜ海外? 面接でも仕事でもその答えが一番大切 Yahoo検索から。ゼロから始めた海外就職活動 フィリピンにて仕事をしようと決めてから実際に内定をもらうまでの流れを紹介させていただきます。まずは仕事をどのようにして探したかですが、私の場合はYahooで…

CASE02:フィリピン/カスタマーサポート【どうして現採?】

高校生の時の短期留学をきっかけに、海外での生活や異文化に強い興味を持つようになった杉本さん。日本で暮らす外国の友人たちの、たくましく、前向きに生きる姿に強く影響され、今しかないと、23歳という若さで現地採用として海外へと渡りました。 《杉本さ…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【現採後の現採】

海外就職を経て、新たな目標をもつことができた 飛び込むことで、自分をより知ることができる 当初はシンガポールで本当に仕事が見つかるのか心配でしたが、自分の強みをきちんと理解し、チャレンジ精神を持って求職活動をすることで、現地就職をすることが…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【ツアーガイドby現採】

住んで知ったシンガポールの多彩な魅力 通なシンガポールの楽しみ方 シンガポールは都会で、マリーナベイサンズ、カジノ、高級ホテルでアフタヌーンティー、スパなどラグジュアリーな楽しみ方が多いというイメージがありますよね。実は他にも東南アジアの一…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【現採の家計簿】

贅沢と節約をうまく組み合わせるシンガポール生活術 シンガポールの生活費は、月いくら? 一か月の生活費は会社が負担している家賃(月40万円)を除くと、夫と2人で20万円弱くらいです。シンガポールの物価は確かに高いのですが、食料品や日用品、公共交通…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【一時帰国の現採】

一時帰国で海外生活の疲れを癒す 旧正月の連休で帰国 日本へは年1回~2回帰国します。シンガポールの年末年始休暇は12月30日~1月1日などと非常に短く、代わりに旧正月の2月に1週間程度の休みがありますので、そのタイミングで一時帰国をしていました。た…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【拝見、現採LIFE- 休日】

ショッピングも旅も、とにかくアクセス抜群 安い物をうまく組み合わせて生活に取り入れる シンガポールは非常に便利で生活しやすく、日本での生活と変わりません。国の面積が東京23区ほどしかないため、電車やバス、タクシーでどこへでも行くことができ、物…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【拝見、現採LIFE- 住居】

物価以外は快適な街!? 日本よりも高い家賃で、質もいまいち 私の夫は駐在員で会社が家賃を全額負担してくれるため、コンドミニアムと呼ばれるマンションに住んでいます。間取りは2LDK(95㎡)のバスルーム2部屋付きで、家賃は月約40万円です。この物件は、東…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【郷に入る現採】

自分次第で国のちがいは超えられる 先進国なのにナマケモノ!? 一番驚いたのは、シンガポール人と日本人の勤務態度や、仕事の取り組み姿勢が大きく違うことです。日本人であれば「言わなくても当たり前」と思う一般常識も、シンガポール人にとっては常識で…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【現採の仕事場】

責任ある仕事を任されるのは海外ならでは 備品の調達から法務、財務まで。仕事はオールランド 私のポジションはOffice Managerで、シンガポールに設立された本社の責任者としてインドネシアにいるCEOとシンガポールにいる部下の間に入り、財務、会計、人事、…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【現採のはじめ方】

日本での経験が認められ、思わぬ好待遇 渡航後、現地の人材サービスに登録 当初は日本で働きながら転職を開始し、パソナ・シンガポールの転職支援サービスに登録しました。そしてシンガポールへ飛び、直接パソナのご担当者へ自分のキャリアで職を得られるか…

CASE01:シンガポール/オフィスマネージャー【どうして現採?】

日本で着実にキャリアを積み重ねてきたM.Nさんは、ご主人の海外駐在に合わせて退職、渡航。ご主人の駐在期間が終了し、日本へ帰った時に、スムーズにこれまでのキャリアを継続できるようにと、将来を見据え、現地採用として就職することを決めました。 《M.N…

まずは就職・転職活動の選択肢に入れてみることから

一向に好転しない経済や就業環境の問題を抱える日本。かたや、かつての日本のような勢いで成長を続けるアジア諸国。LCC網の拡大やインターネット環境の充実も相まって、“現地採用就職”という働き方が、少しずつ現実的な選択肢となってきました。 テレビ番組…