読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現採十色

体験者たちが語るホントのトコロ

CASE03:ベトナム/営業【拝見、現採LIFE- 住居】

ローカル不動産屋のおばちゃんのバイクで物件巡り

ベトナムでの物件選びで確認したい4つのポイント

私は、他の日本人スタッフのすすめでTAN LONGという不動産会社の方を紹介して頂きました。日系の不動産会社もあるのですが、ほとんどが駐在員向けで、家賃も1,000ドル以上の物件がほとんどです。ですので、現地採用の私はローカルな不動産屋の安い物件を探すことになりました。この不動産屋には、日本人を話すおばちゃんがいるので意思疎通は出来ますが、信憑性に欠けるので最後は自分で確認しましょう。私はそのおばちゃんと話して、希望を伝え、おばちゃんのバイクで色々な物件を回りました。
恐らく外国人が最初に住むのはサービスアパートメントです。家具や調理道具などがそろっていて、そのアパートの人が部屋の掃除や洗濯をしてくれます。

私も5件ほど見て、その後4カ月住んでみて、思ったことは以下のようなことです。

① 洗濯機は多いほうが良い。

アパートによっては、10世帯で洗濯機が1台や2世帯に1台洗濯機が用意されてたり色々あります。私は基本的に自分で洗濯したいので、台数はとても重要です。ちなみに今の所は6世帯で3台洗濯機と1台乾燥機があります。

② 4階以上はエレベーター

7階建てでエレベーター無しの物件があり、部屋は良かったのですが、その点でNGを出したアパートもありました。今は6階建て の3階でエレベーターがあり、とても便利です。

③ 入口の段差に注意

アパートの入り口には必ず段差があります。基本的には水が入ってこないようにですが、もし生活に慣れてバイクを買うと、アパートの中にバイクを入れるのが大変です。今のアパートは段差が3段あるので、ちょっとめんどくさいです。せめて2段までがいいですね。

④ 家賃の支払い方法

出来ればキャッシュで大家に渡したほうが楽です。但し、銀行のインターネットバンキングを開設していれば、振り込みでもいいかと思います。そこらへん結構あいまいなアパートが多いので…。

 

普段の足はタクシー、旅気分が味わえるバスもおススメ

移動手段に関しては基本的にタクシーです。バイクタクシーもありますが、ちょっと危険ですね。バイクの運転がとても荒いし、バイクのマフラーで火傷する日本人もベトナム人もたくさん見ているので。タクシーも市内どこに行っても1,000円以内で行けるので、あまり費用も気にしなくてよいと思います。気になる方はバスで移動するのが楽しいと思います。距離関係無く7,000ドン(35円)で乗れるので、路線図片手に旅をするのも良い経験になります。

(H.S)

 

その6【拝見、現採LIFE- 休日】に続く>>

 

《H.Sさんの就労時の基本情報》
就労国・都市:ベトナム・ハノイ
業種:運送業
職種:営業
氏名:H.S
年齢:29歳(就労開始時)
期間:2016年6月~就労中(2016年9月時点)
結婚:独身

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ