読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現採十色

体験者たちが語るホントのトコロ

CASE04:タイ/カスタマーサービス【一時帰国の現採】

海外ではできないことを日本で

普段会えない人に会う

一時帰国ですが、1年か1年半に1回のペースで長期の休みの合間に1週間ほど日本へ帰国するようにしていました。帰国の際にしていたことは、家族と温泉に行き、親戚に会い、お寿司など日本食を堪能し、友達に会い、買い物を楽しんでいました。日本国内を旅行するという事はありませんでしたが、海外に住むと日本にも興味が沸いてくるので、いつか日本も旅してみたいと思います。(特に行ったことのない北海道と沖縄、福岡など)。
やはり日本に帰って親に顔をみせるというのが、メインの理由だったと思います。やはり海外で生活しているので、なかなか会えないため、帰ることで安心させてあげたかったです。
またFacebookで再びつながった高校時代の友人とも会ったりしました。日本にいた時は恥ずかしがりやで引っ込み思案だったのが、タイに住み始めてからいろんな年代や職業の人と出会って話をする機会が増えたので、人に対する抵抗感がなくなったと思います。会ったことがない、興味がある分野の人にコンタクトを取って会って話を聞くこともありました。

 

調達のメインは、食材、本、化粧品

日本へ帰国すると、大量に日本の食材をスーパーで仕入れていました。しょうゆや味噌などの調味料や、日本の美味しいお菓子・スナック、インスタントラーメンなども重宝していました。
また本も沢山購入していました。バンコクでも紀伊国屋などありますが、輸入税がかかり1.5倍ほどの値段となり、あまり手が出せませんでした。日系の古本屋もバンコクにはたくさんあるので、いつもお世話になっていましたが、やはり専門書や新書は手に入りにくいので日本で買うのが楽しみでした。日本から友達が来タイするときは、本とインスタントラーメンをお願いすることが多かったです。今では本はネットでダウンロードすることもできますが、やはり紙が好きです。
また、化粧品はなかなか肌に合ったものを見つけることができず、一部は日本から多めに買ってきて使用していました。

(A.W)

 

《A.Wさんの就労時の基本情報》
◎就労国・都市:タイ・バンコク
◎業種:国際物流、海上輸送、航空輸送、輸出入、通関など
◎職種:カスタマーサービス、営業、マネージメント
◎氏名:A.W 
◎年齢:20代前半(就労開始時)
◎期間:2006年から約7年
◎結婚:独身

 

その8【現採の家計簿】に続く>>

 

↓ その他の現採情報を参考にしたい方はコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ