読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現採十色

体験者たちが語るホントのトコロ

CASE02:フィリピン/カスタマーサポート【郷に入る現採】

◇ フィリピン 04 郷に入る現採

好きな人と過ごし、人生を有意義に過ごすために仕事がある

定時退社で休みもきっちり取る

フィリピンに来てから日々感じることのひとつなのですが、それはフィリピン人と日本人の「仕事」に対する考え方の違いです。どっちが良い悪いは人それぞれだと思いますが、私はフィリピン人の考え方が自分により合っているなと感じています。
生活の中での仕事の優先度ですが圧倒的に日本人のほうが高いです。前職では、他人に迷惑がかかるからという理由でなかなか有休を取りづらかったり、同僚の目が気になって定時に退社しづらかったり、周りを気にするがゆえに自分のことよりも仕事を優先してしまうケースが何度かありました。一方で多くのフィリピン人は仕事よりも家族やプライベートを重視するため、当日に急に休んだり、気づいたら退職、転職していたなんてことが日常的にあります。また、休暇を取ることを同僚に伝えても、誰も嫌な顔をすることはなく、旅行に行くといえば、私が代わりに仕事するからもっと長く遊んでおいでよといった感じで、何かを楽しむことに対しては大変協力的になってくれます。
もちろん、日本人と同じように責任感の強い人はいて、やるべきことは最後まで確実にやり遂げます。

 

仕事後のコミュニケーションは日本の方が親密

フィリピン人スタッフとは英語でコミュニケーションを取ることになりますが、彼らの中には英会話講師の経験がある人たちも多いせいか、大変聞き取りやすい英語を話してくれます。さらに日本人の英語にも慣れているようで、多少の日本語アクセントの英語は聞き取って理解してくれます。
また、日本人と比べて、仕事終わりにお酒を飲む人があまりいないため、毎週同僚と仕事終わりに飲みに行っていた日本で働いていたころと比べると、仕事終わりのコミュニケーションは少ない気がします。ローカルスタッフは金銭面的に毎日のように飲みに出かける余裕がないということと、仕事が終わってからは家族や恋人との時間を大切にする人が多いということも理由にあると思います。
それでは次回はいよいよ現地での生活について書かせていただきたいと思います。

(杉本)

 

《杉本さんの就労時の基本情報 》
就労国/都市:フィリピン / マカティ市(メトロ・マニラ内)
業種:英会話学校
職種:カスタマーサポート
氏名:杉本 大樹
年齢:23歳(就労開始時)
期間:2016年7月 ~ 現在も就労中(2016年10月時点)
結婚:未婚(就労時)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ