読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現採十色

体験者たちが語るホントのトコロ

CASE02:フィリピン/カスタマーサポート【ツアーガイドby現採】

◇ フィリピン 09 ツアーガイドby現採

ビーチ・リゾート、カジノ、歴史探訪など幅広く楽しめる

フィリピンには多くの観光スポットがあり、都市部の近代的な巨大ショッピングセンターからまだ電気が開通していない島まで、様々な場所があります。

 

マニラ最古の都市イントラムロスで遺跡巡り

私を含め多くの日本人が住んでいるマカティでは、洗練されたデザインのショッピングモール、各国の料理を味わうことができるレストラン街等、平日、週末を問わず多くの人でにぎわっています。また、空港近くにはカジノもあり、日本では味わうことのできないアジアのエネルギーを感じることもできます。
イントラムロスと呼ばれるマニラ最古の都市には歴史的建造物が建ち並び各所で歴史を感じることができます。マニラ観光の定番ともなっているイントラムロス地区では、大聖堂前の広場で現地のツアーガイドが外国人観光客にツアーのオファーのために声をかけており、値段交渉すれば格安で町を案内してもらえるので、交渉に自信がある方は試してみることをお勧めします。
メトロ・マニラ内でもマカティ以外の市では、まだまだスラム街が残る場所や、ホームレスが多い地域なども存在し、普段マカティに住んでいると、同じ国なのにその格差に驚くことが多々あります。ただ、せっかくフィリピンに来ているのですから、都会の洗練された部分だけでなく、素のフィリピンも見ていきたいなあと思っています。

f:id:ChopsticksLR:20161019185235j:plain

イントラムロス内にある城壁跡

 

地元のおススメスポットから世界的に有名なビーチまで

現在私が住んでいる場所から最も近いビーチは、バタンガスと呼ばれる場所にありメトロ・マニラから車で2時間ほどで行くことができ、週末は日本人も大勢訪れる人気の場所となっております。
また、ハイキングへも車で2時間ほどの場所にタガイタイという人気の場所があったりと、メトロ・マニラ周辺にも都会から離れて自然に触れ合うことができる数多くあります。
さらに3連休以上の休みが取れれば、飛行機で世界中から多くの観光客が訪れるボラカイ島、パラワン島へ行くのもいい選択です。私はどちらも訪れたことがありますが、ボラカイの夕日、パラワンの世界遺産にもなっている洞窟等は本当に美しく、大変いい経験となりました。マリンスポーツや海辺でのパーティが好きな人はボラカイ島、静かで優雅に海を楽しみたい人はパラワン島へ行ってみてください。

(杉本)

 

《杉本さんの就労時の基本情報 》
就労国/都市:フィリピン / マカティ市(メトロ・マニラ内)
業種:英会話学校
職種:カスタマーサポート
氏名:杉本 大樹
年齢:23歳(就労開始時)
期間:2016年7月 ~ 現在も就労中(2016年10月時点)
結婚:独身

 

その10【現採後の現採】に続く>>

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ